福岡県天神にある隠れ家雑貨店 オーガニック、バッチフラワーレメディー、易占で「かわいい女のカラダ」へ
福岡天神大名わらく

営業時間 12:00 ~ 20:00(不定休)

Tel. 092-741-8875
九星気学

2018年 12月の運勢 (12月7日~1月5日)

※東洋の占いは、2月4日生まれから~翌年の2月3日生まれを一年として観ます。

オープニング

2018年12月1日~2019年2月3日まで、わらくで冬至占いをしています。易占の世界では、冬至の日に来年の一年を占う習慣があります。この21年間、広島、山口、関東、関西からといろんな地方から占いに来てくれます。さて、あなたの2018年はどんな年でしたか?あなたとわらくの絆を深くする、12月から1月の占い。冬至占いご予約の方に2019年の干支置物を今年もプレゼントします。2019年、変化の年。心を広く広くしてあなたのドリームをつかんで下さい。           

一白水星

 

平成11、2、昭和56、47、38、29、20、11、2年生まれ

12月になると冬至占の予約をして下さる中学校のベテラン教師。今年もご来店。2019年の転勤の事で心は一杯。しかし、現状維持の暗示。後一年、今の学校で頑張ってほしいと話す。すると今、不登校の子供たちの担当だと話された。2019年、その不登校の生徒たちの救済の年になる。「その仕事をさらに深堀する一年」とアドバイスした。そんな話をしていたら、来訪者があった。大分から全寮制の特色を持った個性的な学校の校長先生がわらくを訪ねてきた。これはシンクロだ!その校長先生に中学校の先生を紹介した。二人は熱く教育について論じ合い,感動の一時を過ごした。12月、母親のイメージの月。故郷へ戻ろう。そして、母と2019年の夢を語ろう。それが運命を強くします。

吉方:なし

二黒土星

  

平成10、元年、昭和55、46、37、28、19、10年生まれ

11月は、研究発表が福岡であった。この発表の為に原稿の準備を一年間やって来た。しかし、気が付けば負のスパイラルに。運命の飛行船が乱気流にはまってしまった。チームリーダーを若くして求められたが、先輩がことごとく反発して、チームの和を混乱させた。2018年は、本当は楽しくワクワクの年なのに・・、毎朝グズグズして出社。本当につらい日々の一年。しかし、2019年の春までは針のむしろに座った様にお尻がチクチクと痛む。9年前に突然あなたは故郷へ戻った。子供二人を育てる為、シングルマザーとして再就職した。9年に一度、あなたの運命はビックリ箱となる。ここを冷静に乗り越えてください。12月心が弾む月。今までの苦労が洗い流されるとき。苦しみに耐え乗り越えてこそあなたの魂は強く成ります。

吉方:なし

三碧木星

平成9、昭和63、54、45、36、27、18、9年生まれ

毎年11月23日の祭日にヒーリング遠足。ランチ食事会をしてもう7年目になる。2018年は、博多の海が見える小戸妙見神社へ行った。丘の先端にある神社は、もの凄い気を放っている。そこからの海の眺めをインスタに載せたいほどキラキラで美しいところだ。神社参拝後、レイキと瞑想で一年に一度の参加者交流で心も体も浄化されていく。今年初めて参加したあなたも一緒になって占いをして楽しんだ。12月、暗剣殺がやって来る月。何事も慎重に人との和を大切に。

吉方:なし

四緑木星

 

平成8、昭和62、53、44、35、26、17、8年生まれ

2018年、前厄プラス暗剣殺というトラブル年で事故運があります。要注意の年でした。わらくの店長は、わらくの番犬「タク」が老犬となり一日中寝ている。その番犬「タク」を股ごそうとして、びっくりした「タク」が立ち上がり、店長はよろけ足の小指を骨折する年となった。わらくも22年目となりバッチフラワーレメデイーのキーワード、冷え症、貧血、頭皮トラブルのキーワードでご来店頂いているお客様に感謝です。特にバッチフラワーレメデイーでは、低価格で相談、アドバイスで皆さんからの信頼を得ています。12月、今ある足元をしっかり固める月。謙虚に12月を過ごせば、1月は、美しい月になります。

吉方:なし

五黄土星

平成7、昭和61、52、43、34、25、16、7年生まれ

2018年は本厄でした。波乱に飛んだジェットコースターの様な、暴雨風の様な年ではなかったでしょうか?私の主治医の先生もこの星の生まれ。心から尊敬している先生。いつもの年は、病院にパワーと気が満々と張り詰めている。しかし、この一年は厄年なのか?何かが変?不思議な気だ。そして、先生もお疲れのように見える。12月、大きな守護霊がやって来て、あなたを青空へテイクオフさせてくれる。上昇気流に乗り、2019年を開運して下さい。

吉方:東・西

六白金星

平成15、6、昭和60、51、42、33、24、15、6年生まれ

         

2018年、後厄の星回り。いかがでしたか?私に、易学運命学の考えと基本を教えてくれたのが老占師。父である。幼少の頃から優しくもあり厳しい父でもあった。中学卒業と共に全寮制の学校に入り、父と離れた。父の元を離れてほっとした気持だった。そして、90代になり少しづつ老衰していく父がいる。遠くに住む姉妹を呼び寄せ、最後の挨拶もさせた。老占師の生命力は凄い。見る見るうちに元気になっている。『いつ家へ戻れるか」と話せるほどとなった。12月、クリスマス、お正月と楽しいパーテイーで楽しんでください。

吉方:なし

七赤金星

平成14、5、昭和50、59、41、32、23、14、5年生まれ

2018年はいかがでしたか?前半は思うように人生が進まない人が多かった気がします。後半になり運命が開花していくイメージをとても強く感じています。3年かかった婚活で可愛い奥さんと出会った人。婦人科で悩んでいたが、健康管理に気を付けてその不安がなくなった人。山を愛して、大きな技術の成長となった人。サークルで出会った彼と両想いだった人。そして、都会へ出て8年が過ぎ九州へ戻りたいと言って冬至占に来たあなた。易占すると「一直線に九州へ戻って、吉」の暗示。「よかったね」と貴方とハイタッチ。この星の運命は、後半になり上昇気流になっている。2019年は、もっと大きな幸せの女神がやってきます。12月、転勤、転職、移転、引越し等大きな変化がある月。良く考えて行動して下さい。

吉方:なし

八白土星

平成13、4、昭和58、49、40、31、22、13、4年生まれ

2018年、9年に一度の幸せの風が吹いている年でした。恋人との出会いがあったり、県職員の採用試験が合格したり、昇進したり、大きく認められた年。あなたの長所が大きく輝いた年でした。少し気になり始めたのが、後半に向かい2019年の厄年を暗示するような、お客様が増えてきている事です。2018年は、花のように輝いている年。なのでここは、慎重に謙虚に強引に進む事をストップ。あなたの長所、大きな心と広い考えで、2019年厄年を穏やかな年にしてください。五感六感を大事にチャクラを整えてください。2019年の厄年は、わらくがあなたをサポートします。12月、冷静に直感を使えば今のあなたの状態が見えてきます。何事も基本を大事にして下さい。

吉方:東・西

九紫火星

平成12、3、昭和57、48、39、30、21、12、3年生まれ

あなたは企業人として、アゲマンだった。経営企画室として、大活躍の2018年。会社は、とうとう東証一部へと上場した。地元でも東京でもその祝賀パーテ―で忙しい。ボーナスも思った以上の評価だった。2018年、厄年なのに企業人としてはアゲマンだ。ところが、2018年の秋、フラフラになるほどの恋をした。易占へ来たので占うと「要注意」そうアドバイスをすると「プンプン」になり、わらくを後にした。それから1ヶ月後、両親様から反対され親とも大ゲンカ。結局彼との恋も終わった。両親に「もうこれから結婚はしない。シングルで過ごす。と言われた」と貴方の母が嘆きに来た。このくらいでへこたれては?と笑ってしまった。頑張ってください。12月、大きな厄月。心身ともパワーダウン。深い穴におちてしまう。風邪、インフルエンザに注意。

吉方:なし